タグ:アート ( 6 ) タグの人気記事

アート展示会に行ってきました。

美術、建築、編集、デザインなど多岐にわたるクリエイティブな分野で活躍する中国人クリエーターのアイ・ウェイウェイ。

旧市街地にあるストロッツィ宮殿で開催されていたAi Wei Wei展。
d0248528_21543703.jpg

先日の日曜日、最終日に滑り込めました!
d0248528_21543713.jpg

久々のアート鑑賞。

どこかに出かけてうける文化的刺激に飢えていたので、なんとまぁ心に刺さる、刺さる。
d0248528_21543837.jpg

彼の作品の多くは中国政府への批判、民主主義、自由、監視などをテーマに制作されているそうで・・・。

社会的メッセージが強く激しく表現されている作品たちに圧倒されました。
d0248528_21543893.jpg

ものすごいボリュームのある展示会で、鑑賞後は旦那とアイ・ウェイウェイ談義に花が咲きましたがヘトヘトに疲れました(笑)

だけど心はしっかり磨かれましたよ!

家では音楽を聴く、映画を観る、本読むことで文化に触れて、心に潤いを与えていますが、やっぱり大好きなアート鑑賞は格別。

産後控えていたアート鑑賞を今年は積極的に増やして行って、内容によっては子供も連れて行こうと思います。

アートの力はそれはそれは偉大だし、センスや人間力をつけるために欠かせないものだと思うので。

ついでに言うと、今月もたくさん映画を観れました。

まだ1月は終わってませんが12本鑑賞してベスト1は『ふがいない僕は空を見た』です。

今週あたりに『葛城事件』を観る予定なので、きっとあっさりこちらの作品にひっくり返されると思いますが。

それくらい期待値高い作品です。

では。


地味にランキング上昇中。
よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村

[PR]
by megane1001 | 2017-01-23 21:54 | art | Trackback | Comments(0)

ロートレック展に行ってきました!

我が家の恒例行事。

毎年この時期に、Pisa(有名なピサの斜塔がある街)のPalazzo Blu(パラッツォ・ブルー)で開催されている展示会に行ってきました。

2009年の「シャガール」に始まり、「ピカソ」→「ミロ」→「カンディンスキー」→「アンディー・ウォーホル」→「モディリアーニ」そして今年は『トゥルーズ・ロートレック』
d0248528_04301944.jpg

新年2日目で入場制限が出るほどの人気ぶり。

ロートレックの作品を実際に観るのは、今回初めてだったので、楽しみで仕方ありませんでした。

想定内でしたが、娘がゆっくり鑑賞させてくれるわけもなく・・・

流し目で鑑賞(笑)

でもね、でもね、いいんですよ、それでも!

あの美術館特有の心地よさを感じれて、あの有名なムーランルージュのポスターを観れて、そして鑑賞後の余韻に浸れて・・・

今の私には十分満足でした。

というのも、フィレンツェではたくさんのアートの展覧会が開催されていて、娘が生まれるまでは夫婦で日常的に行っていましたが、子供がいる今はもは非日常となっていて・・・

とっても贅沢な時間。
d0248528_20354950.jpg

館内でゆっくり観れなくても、お家に帰ってから図録を眺める・・・
d0248528_20354945.jpg

これまた幸せ。
d0248528_20354909.jpg

次回は誰が来るのかなとイタリア夫と談義。
d0248528_20355044.jpg

そして娘と選んだポストカードも明日あたり大好きな日本の友達に送ろう・・・

新年初クリックどうぞよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村






[PR]
by megane1001 | 2016-01-06 20:35 | art | Trackback | Comments(0)

ピサの斜塔とモディリアーニ展

毎年、秋冬になると、ピサのPalazzo Blu(パラッツオ・ブルー)でおこなわれる展覧会を訪れることが私たち家族の恒例になっています。
d0248528_20405541.jpg

2009年「シャガール」から始まり、
「ピカソ」「ミロ」「カンディンスキー」「アンディー•ウォーホル」

で、今年は『アメデオ•モディリアーニ』
d0248528_20405183.jpg

モディリアーニと言えば、長細い顔に長く伸びた首、アーモンド型の目が特徴の肖像画が有名ですよね。

それ以外にも、彫刻や素描、油彩画もあったのがとても面白かったです!

1900年代からのアートになると、勉強不足でめっきり弱くなる私(笑)

しかし旦那のサポートにより、とっても充実した芸術鑑賞となりました。

そのあとは、初めてピサを訪れるという友人達のために、ピサの斜塔を観にいくことに。
d0248528_20405272.jpg

昼寝タイムから目覚めた娘も、しっかり斜塔、大聖堂、洗礼堂を見ることができました!

展示の作品集を買うのはもはや定番。
d0248528_20405622.jpg


もちろん、自分たちが見るためだけど、将来生まれてくる子供にもたくさんの美術に触れて欲しいという気持ちで買い始めたのです。

たまに本棚から出して見せてはいますが、まだ娘が自由に取り扱える場所には置けません。

丁寧に見れるようになるまで待ちます(笑)

自然や芸術、世界遺産がとても豊かで身近な存在にあるイタリア。

この恵まれてる環境をフルに活かして子育てしたいなと改めて思いました。
[PR]
by megane1001 | 2014-10-14 20:41 | art | Trackback | Comments(2)

ART『ピカソ展』が9月に開催!

d0248528_2042227.jpg


大好きな画家、ピカソ。

フィレンツェでは、近代画家の展示会は多くないので、この機会は楽しみです!

娘はすでに、日本、フィレンツェといくつかの美術館に訪れていますが、歩き出してからは初めてになります。

泣き叫ぶことはないでしょうが、暴れまわる可能性は大です(笑)

フィレンツェには、贅沢にもARTが隣り合わせにある環境なので、この環境を存分に活かしたライフスタイルを確立したいなと思っています。
[PR]
by megane1001 | 2014-07-29 20:41 | art | Trackback | Comments(2)

今朝のレコードがなかなか良かったです。

d0248528_23133027.jpg


毎朝、夫セレクトのレコードがかかってる我が家。

前回記事→

毎回セレクト抜群!とは言えないのですが(笑)今日はナイス!

Yehudi Menuhin&Stephane Grappelli
『jealousy』

ユーディ•メニューインとステファン•グラッペリ。

クラシックとジャズ、双方のヴァイオリニストのデュオ!

明日は何がかかるのかな•••

我が家の至福の一時です。
[PR]
by megane1001 | 2014-07-28 23:14 | Trackback | Comments(0)

Picasso展

d0248528_20541413.jpg

d0248528_20542092.jpg


先日、ピサに行ってきました。

『ピカソ展』を観に・・・

多作な芸術家として有名であっただけに、決して大きいとは言えないギャラリーの中は、びっしりピカソの作品で埋め尽くされていました。

作品と同時にピカソが残した名言もたくさんパネルに書かれていました。

「母は私にこう言った『お前は軍人になれば、いずれ将軍となるだろう。修道士になれば、最後には法王となるだろう。』私は、その代わり画家になり、結局ピカソになった」

こちらが、とても印象に残りました。

自分の可能性を信じていてくれる人(家族、友人、恋人 etc・・・)がいることは、素晴らしいですね。

もちろん、自分の可能性を自分自身が信じることが一番大事なのですけど・・・
[PR]
by megane1001 | 2012-01-28 21:00 | art | Trackback | Comments(0)


イタリアライフのキロク


by megane1001

プロフィールを見る
画像一覧

検索

タグ

(234)
(196)
(143)
(75)
(43)
(38)
(37)
(31)
(27)
(24)
(21)
(20)
(18)
(17)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(12)

最新の記事

【お知らせ】10%OFFクー..
at 2017-08-15 00:58
日本で7年ぶりに社会復帰しま..
at 2017-08-03 19:34
『più tuo(ピュ・トゥ..
at 2017-07-31 15:00
【ご報告】北欧系ライフスタイ..
at 2017-07-01 01:13
アート展示会に行ってきました。
at 2017-01-23 21:54

ファン

記事ランキング

画像一覧