カテゴリ:gourmet( 17 )

20代でやっときゃー良かった・・・と後悔してること。

タイトルに書いたこと、最近は忘れていたのだけど、昨日、また思い出しました。

なぜなら・・・
d0248528_07040915.jpg

こんなレストランに行ったから(笑)
d0248528_00064920.jpg

ここフィレンツェにアメリカのdinerレストラン⁈⁈

私的にはUSJに来た感じのテンションになりました。

映画の影響で小さな頃からダイナーに憧れてた私。

アメリカ人になりたいと本気で思ってたこともあります。←かなり痛い(笑)

まあまあ思いっきり自由にやりたい事をやり抜いてきて、人生そない後悔してることってない私ですが、コレ↓は後悔してるよ思いっきり。

はい、20代でアメリカ縦断、横断をしなかったこと。

アメリカは大学時代に西海岸、ラスベガス、グランドキャニオンに行っただけ。

なんかその時にお腹いっぱいになったからか、少しイキッてたからか(笑)周りがアメリカ、東南アジアにハマってる中、やっぱり外国と言えばヨーロッパでしょ〜みたいな態度とってました。

今考えれば歳とってもヨーロッパとか余裕で楽しめるし・・・

だけど私がイメージしてるアドベンチャー的でサバイバル的な⁈アメリカ旅行は、歳とったら確実に体力的にキツイんですよね。

NYとかロスとか、シティトラベルなら問題ないだろうけど。

砂漠の真ん中をジープで走り抜く⁈みたいな旅はアラフォー、アラフィフには体に鞭打ってやるしかない(笑)

イタリア夫もそんなガチの旅とか年齢的にしたいと思ってくれないだろうし、私の夢は息子の運転でROUTE66を横断することにしました。

頼むよ、息子!
d0248528_07040933.jpg

オカン!それ何年先になるねん!と小学生くらいになったら突っ込まれるんでしょうか⁈

とまあ、これ死ぬまでにやりたいことやな・・・と考えてました。
d0248528_00065087.jpg

ビスマルクバーガーほうばりながらね(笑)

このお店、50年代のアメリカンダイナースタイルを徹底してて、コスプレとしか言いようのない姿の店員さんはローラースケートに乗ってスイスイ滑りながら、オーダーをとって、料理を運んでくれます。

私のビスマルクバーガーを持ってきてくれた、めちゃくちゃナイスボディのアフリカンの男の子が、ナイスセレクト‼︎って親指立てて、ウィンク、グッジョブ!的な笑顔をしてくれて・・・

そして、ザ50年代のBGMにノリノリで肩を揺らしながら去っていきました。

吹き出しそうやったけど、これぞアメリカンだね!君こそグッジョブだよ!という気持ちになりました。

そんなかなりパンチの効いた店員たちを娘が羨望の眼差しで見つめておりました。
d0248528_00065041.jpg

子供にはお絵描きセットなんかもくれて、キッズ歓迎な感じ。

いやーやっぱりアメリカンだよ!イタリアンはもーえーわ!

という気分です。


わーい!昨日の記事にアクセスたくさん!ありがとうございます。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村



[PR]
by megane1001 | 2016-02-15 07:03 | gourmet | Trackback | Comments(0)

トリュフ➕アスパラガスのビスマルク風が旨い‼︎

季節の野菜、アスパラガスに目玉焼きや温泉卵を載せて、上からパルミジャーノチーズとコショウをかけるだけ!

イタリアのこの時期の定番アンティパスト(前菜)です。

我が家は、イレギュラーで朝食メニューですが(笑)

もちろん柳宗理の南部鉄器ミニパンで作ります!
d0248528_855753.jpg

先日の検診後にお外で食べたのは、パルミジャーノの代わりに、贅沢にトリュフ〜‼︎

これにシャンパンとか、飲めたらもっと最高だったはず〜涙

イタリアのトリュフは、最高ですよ。

トリュフ祭りとか行ったら、卒倒しますよ(笑)

目玉焼きにトリュフをかけて食べたりもするので、まさに卵➕○○という最強コンビ2つを合わせちゃった感じですね。

イタリアは素材のクオリティが非常に高いので、簡単シンプルな料理法でとても美味しい仕上がりになります。

いや、逆にあれこれ手を加えたら余計におかしくなるのかな。
d0248528_85589.jpg

マルゲリータなんかさ、トマトソースとモッツァレラだけだよ、なのにめちゃくちゃめちゃくちゃ美味しいの。
d0248528_8551490.jpg

中央市場上のオサレなフードコートは、子供連れでも安心、かつかなりイイもの食べれます〜。
d0248528_8551870.jpg

この国が食の国でなければ、とっくに出戻ってるな、私(笑)

イタリア夫よ、偉大なイタリアン食文化に感謝せよ!

にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by megane1001 | 2015-05-09 08:55 | gourmet | Trackback | Comments(4)

フィレンツェではベーグルさえもレアフードなのです⁈

日本では、世界各国の食べ物が、それはそれはたくさん食べれますよね。

日本人は外国ものに弱いと言えばそれまでですが、私は、とても食に関してオープンで柔軟性があるんだと思っています。

それに比べると、イタリア人はイタリアンフードナンバーワン精神が根強く残り、とても閉鎖的。

お隣の、美味しくてたまらないフランス料理を食べれるところなんてないし、アメリカンなものもチェーン店のファーストフードとかはありますが、まだまだ珍しいかんじ。

自国、地元の食文化を誇りに思うことはとても尊いことだし、素晴らしいこと。

地元の郷土料理がどの国よりも発達していて奥深いところも、この精神の賜物だとも思います。

しかし•••

そんなこと、わたしゃ知らんがな‼︎

だって、私、バリバリ現役の日本人女子ですもん(笑)

今、NYやカリフォルニアで流行っているものとか上陸してほしいし、ヨーロッパ各国のお料理とか食べたいさー。

ということで、ものすごく前置きが長くなりましたが、先日、フィレンツェブレックファースト朝活部(←今、命名しました(笑))で、アメリカンなベーグルカフェに行ってきました。

フィレンツェで唯一、ベーグルサンドが食べれるこちら。
d0248528_16422797.jpg

なかなか美味しいのです。
d0248528_16422985.jpg

この活動、実は今回で第二弾。

あ、ちなみにこの部のメンバーは私とお友達の2名のみ。

お互い、友達が異常に少ないので多分メンバーはこれからも増えません(笑)

あ、もしこのブログを見て私も参加したい!というフィレンツェ在住の方はご一報を(笑)

と、話はそれましたが、客層はほとんどが英語圏の方たちです。

なんだろーアメリカンな雰囲気って、とても開放的でラフな感じで、イタリアンとはまた違った空気感が大好きです。

あーアメリカにもまた行きたいなー。

ルート66を横断してみたいなー。

一人妄想は止まりません。
d0248528_16423425.jpg

娘の午前保育の間だけの、本当にわずかな時間ですが、こういう時間も必要。

帰りに、一件だけ素敵なショップに寄ることができました。
d0248528_1642373.jpg

おフランス『Bonne Maison』のソックスを購入。

スニーカー、レースアップシューズに合わせるのが楽しみ!

にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by megane1001 | 2015-04-21 16:42 | gourmet | Trackback | Comments(12)

イタリアを代表するブランド牛といえば•••

d0248528_20473420.jpg

ボーボリ庭園のあるピッティ宮殿↑を出て•••
d0248528_20473742.jpg

高級牛キアニーナのハンバーガーを食べに行きました!

ここは昔から大好きなのです。
d0248528_20473996.jpg

Burrata(ブッラータ:南イタリア名産。モッツァレッラ生地の中に、リッなクリームが入っている真っ白なフレッシュチーズ)パキーノトマト(シチリア名産のあま〜いトマト)をセレクト。
d0248528_20474798.jpg

旦那は仔牛肉の煮込みとサフランのリゾット。

美味しすぎて笑みがこぼれまくりでした(笑)

店の内装も私好みのジャンクスタイル。

オサレな地元人フィオレンティーニのお客さんたちもたくさん来るので、それを見るのも楽しみの一つです。
d0248528_20474093.jpg

ボーボリ庭園散策の疲れが、食後に出てきたので、ゆっくり帰ることに•••

遠くに見えるヴェッキオ橋↑は、観光客で満員。
d0248528_20474325.jpg

街中には、あちこちで新しい発見が!
d0248528_20474551.jpg

車に乗り込む前に見つけてしまったジェラテリア!
d0248528_20474653.jpg

お店でドルチェを食べなかったからね•••

今年初のジェラート。←多分

ここイタリアのジェラートの旨さはね•••格別なのです。

塩キャラメルとピスタチオの2種盛。

イタリアでは2種以上のジェラートを盛るのが通常。

イタリア人は老若男女問わず、ジェラートが大好き!


にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ジャンクスタイルインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by megane1001 | 2015-04-09 20:47 | gourmet | Trackback(1) | Comments(2)

娘の『Pizza(ピッツァ)‼︎』のネイティブ発音を聞いて落ち込む•••

イタリアと言えば、ピザ!

イタリア語ではピッツァ‼︎

我が家から徒歩五分のピッツェリアは、店構えからすると絶対に美味しいピッツェリアには見えません。

が⁈ なかなか美味いのです‼︎

そして、郊外なだけあってお安いし、客層に子連れのファミリーも多くて、気軽に行きやす過ぎます(笑)

娘もピッツァー‼︎ピッツァー‼︎と言えるようになり、こちらのピッツェリアが大のお気に入り。

娘用にはベビーピッツァのウサギさん。
d0248528_1994327.jpg

マルゲリータです。

いやー、バイリンガルな娘なのでお喋りの成長具合は、とてもゆっくりなのですが、話す単語はイタリア語がほとんどで、日本語で言っていた言葉もいつの間にか、イタリア語に塗り替えられたり•••

日本人の母としては、とても淋しいし何とかしたいと焦る気持ちが•••

まあ、まだまだ小さいのでココは何語でも良いから語彙が増えることを大事にしていきたいと踏ん張ってます!

いやー2歳児にして、イタリア語の発音はさすがのネイティブ‼︎

既に、私のイタリア語発音力を越されました。

か、かなしーーーー!そして、若干、落ち込む•••

そのうち『R』の発音もめちゃくちゃ舌巻いて発声するんやろな•••あの顔で(笑)

ちょっと笑える。
d0248528_1994471.jpg

で、お店では、退屈しないで遊べるようにピッツァのパスタをくださり、娘はコネコネ。
d0248528_1994675.jpg

なかなか、良い感じ(笑)

将来、朝は、近所のBARでバリスタして、夜はこちらで、ピッツァイオーロ(=ピザ職人)として、バイトしてもらおう。


にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by megane1001 | 2015-03-03 19:09 | gourmet | Trackback | Comments(2)

『VESTRI(ヴェストリ)』のチョコレートバレンタイン♡

d0248528_19395221.jpg

トスカーナ州アレッツオという小さな街出身のこちらのチョコレートブランド。

鮮やな水色のパッケージがトレードマークの高級チョコレート。

フィレンツェにもお店がありますよ。

地元の人や世界中からやってくる観光客たちで、いつもいっぱいの店内。

こちらのチョコレートはもちろんのこと、チョコレート類のジェラートはフィレンツェで1、2を争う美味しさ。

そして、この時期は何と言っても「チョッコラータ•カルダ」、いわゆるホットチョコレートがとっても美味しい季節。

イタリアではショコラティエだけでなく、バールでもホットチョコレートが飲めて、多くのイタリア人は、あまーくて温かいこちらを飲んで暖をとります。

写真のチョコレートは、ヴァレンタインに!と旦那が買ってくれました。

ちなみに、イタリアのヴァレンタインは、男性が女性に贈り物を送るので、日本のものとは全く違う習慣です。

日本のヴァレンタイン戦争に参加しないでよいので楽で良いです(笑)

もう一つは、近所のママ友ちゃんに•••

購入の際、お店の方がホットチョコレートをサービスしてくれました。

こちらでは、こういう美味しい⁈サービスに遭遇することが非常に多く、私はその度にイタリアって最高!と思うのです。

数年前に日本でも、東京の有名な百貨店のどれか⁈に出店してるそうですね。

実はアレッツオは留学時代に住んでいた街でもあるので、大好きな街発祥のブランドが頑張って世界に進出してるのは非常に嬉しい気持ちになります。


にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ
にほんブログ村

こちらにも参加してみました!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by megane1001 | 2015-02-15 19:39 | gourmet | Trackback | Comments(2)

家族にとって大事なカフェタイム•••

娘がお昼寝から起きて、本当は公園に連れて行きたいのだけど、寒いし、すぐに暗くなるし、何よりも私がすごく疲れやすい状況なので、足が遠のいてしまいます。

でも、夕飯までの間、時間があるのでよく2人で近所のパティスリーにお茶をしに行きます。

そして、週に一度は近所のお友達も一緒に!

週に3回くらいは、こちらに通ってる私たちです(笑)

d0248528_15344370.jpg

我が家にお菓子、ジュースは一切常備しておらず、娘のオヤツタイムはもっぱらおにぎりかフルーツ。

小さい頃に子供用のお菓子などを食べさせたりもしましたが、一枚食べるか食べないかだったので、購入を辞めて以来、娘は子供用のビスケットやスナックを食べてません。

お外に出かけた時だけ、パティスリーのとっても美味しいクッキーを一枚頂きます。

お家で、食べたいと言ってこないので、このままドルチェは外で食べるもの!と思っていてほしいなと•••(笑)
d0248528_15344560.jpg

私はというと、今週はシュークリームとカフェラテにはまっています。

こちらはヘーゼルナッツクリーム。

イタリアのヘーゼルナッツ系のもの、本当に病みつきになる旨さ。

あとピスタチオ系も最高。

寒ーい冬には、カプチーノよりカフェラテだな。

お家で毎朝飲むけど、やっぱり誰かに作ってもらったカフェは癒される•••

このクオリティの高さでワンセットたったの300円強‼︎

この日は、お友達と話が弾み、子供たちもBAR内を2人で駆け回って遊んでいて(←日本だったらすごい迷惑になって肩身が狭いんだろうけど、イタリア人はさほど気にしない(笑)むしろみんなが相手をしてくれるので助かります)かなり長居してしまいました。

娘と2人だと、結構サクッと食べてサッと帰るんですが(笑)

我が家のイタリア夫と、本当によく2人で口にすること『こんな近くに美味しいパティスリーがあることは、家族にとって本当に幸せなこと、私たち人生得してるね』と。

疲れが癒され心穏やかになる魔法のようなカフェタイムは私たち家族にとって欠かせないもの。

特にイタリアのBARやパティスリーに溢れる明るい温かな雰囲気は、なんだか元気も出る。

娘には、大きくなったらここでバイトしてほしいなと今から企んでいる私たちです(笑)


ランキングがまたまたどえらいことになってます‼︎
みなさん、たくさんのクリックどうもありがとうございます。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by megane1001 | 2015-02-11 15:34 | gourmet | Trackback | Comments(4)

フィレンツェのカーニバルシーズンの伝統菓子といえば‼︎

パティスリーに並ぶドルチェで四季を感じるのが好きです。

日本の和菓子でも、同様ですね!

カーニバルシーズンに入ると、どこのパティスリーにも登場する•••

『スキアッチャータ フィオレンティーナ』
d0248528_07411291.jpg
フィレンツェの紋章型いり‼︎

お隣のお菓子の国、フ◯ンスやオー◯トリアと違って、とーっても素朴でシンプルなドルチェがほとんどのイタリア。

私はフ◯ンスや、フ◯ンスよりの日本の洋菓子も当然好きですが、イタリアのドルチェも大好きです!

クリスマスのパネットーネ、パンドーロが終わると、私の好物のこちらのシーズンが始まり、なかなかドルチェ休みができません(笑)
d0248528_07263794.jpg
フィレンツェでスキアッチャータフィオレンティーナがむかしから一番有名な老舗パティスリーのものです。

こちらのパティスリーは、私も大好き☆

あいにく店内は極狭なので、お外のテラスで朝食を摂ったり、お茶したりするのが定番です。

写真取れば良かったな〜。

この時期は、極寒なので足が遠のいてましたが、お持ち帰りで購入!
d0248528_07423262.jpg
やっぱり、他のどことも違う美味しさ!

我が家のイタリア夫も白目向きながら食べてました(笑)大げさやねん、ほんま•••

来週末も買いに行こうと今から企んでいます!



にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by megane1001 | 2015-02-09 21:30 | gourmet | Trackback | Comments(0)

ブリガンティのフレッシュトマトのパスタが1番好きっ!

d0248528_1816085.jpg


トラットリア&ピッツェリア
『Fratelli Briganti(フラテッリ・ブリガンティ)』

「Spaghettini al Pomodoro スパゲッティーニ・アル・ポモドーロ」

フレッシュトマトにバジリコとにんにく、上からパルミジャーノ(チーズ)とオリーブオイルをふりかけただけのシンプルなパスタ。

(いつもは、これに唐辛子が入るのですが、娘も食べれるようにと唐辛子抜きにしています。)

これがまた写真からは想像できぬほどの美味しさ!

作れるようで同じようには作れない!

だから、ココに皆食べに来るのでしょう(笑)!

いつもいつも信じられないくらいの大混雑のコチラ、なんとフィオレンティーニ(フィレンツェ人)に愛されること50年以上。

店はそんなに広くなく、席間が異常に狭く、人も多いから騒がしい、イタリア人だから余計にうるささ倍増(笑)地元人が多く集まる昔ながらのトラットリア。

ほんとうに美味しくて安くて、トスカーナの家庭料理が食べれます。

みんな、結局、家庭の味が好きなのね。

ちなみに、こちらの生地の薄いピッツアも人気です。

引越しをして妊娠してから、足が遠のいていたので、久々にこの空間でこのパスタを食べれて、元気になりました!

こういう場所に来ると、あー、私はイタリアに居るんだな、やっぱりイタリアが好きなんだなと実感します•••
[PR]
by megane1001 | 2014-10-16 18:16 | gourmet | Trackback | Comments(6)

昼からシャンパンがぶ飲みの〆にイタリアンジェラートを食す‼︎

アンティーク市のあとは、ずっと行きたかった中央市場二階にオープンしたフードコートへ。

最近、本当に暑い、暑い!
d0248528_19205017.jpg

なので、ドリンクは冷えた泡物に限る!

シャンパーン!
d0248528_19205293.jpg

その場で揚げてくれるお魚のフリット。

お魚が大好きな娘には、クロダイのグリル。

娘のほうが、ええもん食べております(笑)
d0248528_19205462.jpg

〆は、ジェラート。

本場イタリアのジェラートは美味しいのは当然。

ちなみに、私はジェラートを好んで食べないので今期も自ら食べたいと思ってジェラートを食べたのは、ほんの数回。

暑くて暑くてたまらない時にしか、ジェラート欲が湧きません(笑)
d0248528_19205669.jpg

チョコレートとヨーグルト&いちじく
d0248528_19205885.jpg

ドルチェもそそられましたね•••
d0248528_19204597.jpg

日曜日、観光客、イタリア人で溢れ返ってました。
d0248528_19204880.jpg

お昼直前入店で私たちは、ゆっくりスムーズに食べれましたよ!
[PR]
by megane1001 | 2014-09-23 19:20 | gourmet | Trackback | Comments(8)


イタリアライフのキロク


by megane1001

プロフィールを見る
画像一覧

検索

タグ

(234)
(196)
(143)
(75)
(43)
(38)
(37)
(31)
(27)
(24)
(21)
(20)
(18)
(17)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(12)

最新の記事

【お知らせ】10%OFFクー..
at 2017-08-15 00:58
日本で7年ぶりに社会復帰しま..
at 2017-08-03 19:34
『più tuo(ピュ・トゥ..
at 2017-07-31 15:00
【ご報告】北欧系ライフスタイ..
at 2017-07-01 01:13
アート展示会に行ってきました。
at 2017-01-23 21:54

ファン

記事ランキング

画像一覧