カテゴリ:travel( 24 )

2014年夏の旅のキロクもこれで最後!

一週間の旅も終わり、いつもの日常が始まっています。

で、旅のキロク。

出発の日は、ランチまでホテル周辺でゆっくり。
d0248528_19495744.jpg

同じホテルの宿泊者たちとの談笑。

山のホテルの宿泊者はファミリーか老夫婦。

一週間もいると、みんな顔見知りになり娘も可愛がってもらえました。

この3人の年齢差半端ないけど(笑)
d0248528_19495246.jpg

d0248528_19495584.jpg

お次は、場所を替えてイタリア親父を横にリラックス。

いつも思うこと。

イタリア人の力の抜き方は、天才的で神業だということ。

リラックスする、マッタリする、何もしない、肩の力を抜く、余暇を楽しむ、まさに言葉の通りにやりこなすイタリア人。

数少ない⁈見習いたいなと思う所です(笑)

散歩では、家族みんなで綺麗な空気を大きく吸い込み、体いっぱいに溜め込んで。
d0248528_19494895.jpg

d0248528_19495098.jpg

ラストランチ。
私はカプリオーロ(のろ鹿)のポレンタ。
d0248528_19495829.jpg

旦那は同じくカプリオーロの煮込み。
d0248528_1950016.jpg

初日の夕食でカプリオーロのタリアテッレを食べて衝撃の旨さだったので、最終日もカプリオーロにすると決めていました!

旦那は美味しすぎて白目向いてましたよ。

最後に、この旅で一番気に入ってる写真を•••
d0248528_19494369.jpg

湖を訪れた時のものです。

エメラルドグリーンの水がキラキラ光って、空が本当に蒼くて、ただそれだけで胸が熱くなった景色。

小さな子供を連れた長期の旅は、旅に慣れてる私たち夫婦でもなかなか大変でした。

何人も子供を連れて、もっと長い日数を旅するイタリア人、また外国人たちを、本当にタフだな〜と尊敬します。
d0248528_19494550.jpg

圧倒的に私と比べて娘と過ごす時間が短い旦那と娘の絆も、さらに深まったような気がします。

長いキロクとなりましたが、読んで頂きありがとうございます!
[PR]
by megane1001 | 2014-08-22 19:49 | travel | Trackback | Comments(4)

ポルチーニ茸が旨すぎた⁉︎レストランに再訪。

私たちのバカンスも終盤。
この日は、雨がぱらついたり、そしてとても寒かったです。

前日に訪れたレストランがあまりに美味しかったので、再訪!(レストラン記事→
d0248528_21222790.jpg

娘はタリアテッレ。
d0248528_21222853.jpg

私達は、アンティパストにクロスティーニの盛り合わせ。
d0248528_21222933.jpg

そして、生ポルチーニ茸にパルミジャーノがかかったものと、ブレザオラ(牛肉の生ハム)。

レモンを絞ってかけるだけで、絶品!

私はこのブレザオラも脂身みが少なくて大好物です。
d0248528_21223260.jpg

ポルチーニ茸のフリット。
d0248528_21223398.jpg

プリモを飛ばしてセコンドにポルチーニ茸ソースのかかったお肉。

前日よりも更に満足!
d0248528_2122302.jpg

娘はいつも通り、トマトソースでどえらいことになってました(笑)

今日は、ついにフィレンツェに帰る日。

もちろん、帰りたくなーい!というより、帰って料理したくなーい!が本音(笑)

でも、子供の次に大切な物が我が家の私(その次に旦那(笑))

早く大好きなお家に帰って、また色々整理したい気持ちも大きいです。
[PR]
by megane1001 | 2014-08-17 21:21 | travel | Trackback | Comments(2)

食べて寝て散歩して•••それだけで満たされる最高の毎日!

バカンス何日目⁈
毎日、ダラダラ過ごしてます。
d0248528_5175562.jpg

自然公園の中にある森林植物園を訪れました。
d0248528_5174568.jpg

d0248528_5174360.jpg

数千種類の植物に囲まれて、またもや癒される。
d0248528_5175373.jpg

d0248528_5175167.jpg

娘は1日ココで永遠過ごせることでしょう。
d0248528_5174745.jpg

時間に追われてるわけでもないので、私たちも付き合うことに•••
d0248528_5174916.jpg

それでも、空腹には勝てないので下界。
このバカンスで初めて街にでました。
d0248528_5181261.jpg

d0248528_5175739.jpg

娘はニョッキを。
d0248528_518263.jpg

私達は、アンティパストにポルチーニ茸のクロスティーニ。
d0248528_518035.jpg

プリモは魚介のスパゲッティ。
d0248528_518419.jpg

さらに、生ポルチーニ茸がかかったタリアテッレ。

さすが、エミリア=ロマーニャ州!

パスタが絶品。

特に、この街の名物ポルチーニ茸は神がかった旨さでした!

ちなみに、ホテルのレストランで毎日食事をしてるのですが、こちらもどのお皿も美味しくてたまりません。

写真を撮る余裕が夜はなぜかありません(笑)

食後は、街に流れる川沿いにひたすら続く公園を散歩。
d0248528_5181469.jpg

川で泳いでいる人もいたりして、リラックスモード。
d0248528_5181638.jpg

下界に降りても、涼しかったです。
d0248528_5182273.jpg

木陰で休憩してるだけで、悔しいけど、外人(夫)とハーフ(娘)は様になりますね(笑)
[PR]
by megane1001 | 2014-08-16 14:00 | travel | Trackback | Comments(2)

リベンジSoft trekking‼︎ 1歳児の娘1キロ完歩。夜はイタリア人たちと大宴会⁈

ホテルの近くに5キロの散歩道があったので昨日のリベンジ(昨日の記事→☆)をしてきました。
d0248528_9355171.jpg

イェイ!ホテルからスタート!
d0248528_9355322.jpg

ふざけて、全然進みません。
d0248528_9355982.jpg

滝に癒されて•••
d0248528_9355593.jpg

これでしょ〜ソフトトレッキングってのは。
d0248528_9355782.jpg

曇り空で、気温は20度弱。
最高。
娘も、まだまだよちよち歩きですが、1キロ弱歩けました。
d0248528_936160.jpg

d0248528_93636.jpg

さすが、イタリア。山の中はスピリチュアルな雰囲気もあり。
d0248528_93654.jpg

久々の空気が美味しい!という感覚。
身体中に、冷んやりして綺麗な空気が染み渡りました。

抱っこしてほしいと懇願されたので、帰りはエルゴで。
d0248528_936828.jpg

すぐに完落ち(笑)

ランチは街まで降りましたが、すぐにホテルに帰って私はお昼寝。

娘と旦那は、となりのトトロのDVD鑑賞。

ダラダラ、ゴロゴロするのも今回の旅の目的。

夜は、ホテルのレストランでフェスタ。
d0248528_9361183.jpg

あんまり写真では伝わってませんが、ノリの良いミュージシャンのおかけで、大盛り上がり。
d0248528_9361032.jpg

娘も、ラテンの血が騒いだのか⁈演奏に合わせて踊り狂ってました(笑)
d0248528_9361381.jpg

やたら前に出ていこうとするので、恥ずかしかった•••出たがりの一面、誰に似たんだろう(笑)
d0248528_936159.jpg

遅くまで、イタリア人達と大宴会。

昼寝してて良かった。めちゃくちゃ疲れました(笑)
[PR]
by megane1001 | 2014-08-14 09:35 | travel | Trackback | Comments(0)

イタリア人の言うことと標示には騙されるな⁈エルゴでベビートレッキング。

イイですね〜山は涼しくて!

真夜中は雲の関係で⁈(過去記事参照→)Wi-Fiも入るし(笑)!

朝は、一昨日のホテルの周りの散歩の続き。
d0248528_8172494.jpg

d0248528_8172696.jpg

朝一から父娘、テンション高めです。
永遠このポーズ取り続けてましたよ、彼ら。
d0248528_8172842.jpg

生息する動物たちの足跡をお勉強する娘。
d0248528_817308.jpg

でも、出会った動物は猫だった•••

午後からは、大きな大きな自然公園を車でサファリ的に見てまわりました。

計画は立てずに、面白いものを見つけたら降りる!みたいな感じです。

『soft trekking』という標示があったので、ソフトなら行けるやろー!と思った私達。

入り口あたりで、すれ違ったボローニャ出身のイタリア男性に、『抱っこひも?ベビーカーで行ける、行ける!4キロ先にある休憩所以降は問題やけど!』とアドバイスされました。
d0248528_8173291.jpg

早速、この坂!
いや、ベビーカーとか全く無理やん!
d0248528_8173675.jpg

言うこと聞かなくて、良かった(笑)
d0248528_8173865.jpg

一瞬、風で揺れる木々の音も虫の音も聞こえない、全く無音になった地点があって本当に面白い体験をしました。
d0248528_8174053.jpg

娘もマイナスイオンとこの静けさで熟睡。
d0248528_8174240.jpg

はい、4キロとか無理でした。
山道が全然ソフトじゃなかったからです。
これで、ソフトならハードはどんなんやねん!イタリアのおじさん、4キロ以降の話までしてきたけど、子連れで絶対無理やーん!
とひたすら心の中で突っ込んでました。

タイトル通り、何も信用できません(笑)
d0248528_8174474.jpg

絶景ビューポイントを見つけては、降りて眺める。を繰り返し。
d0248528_8174676.jpg

でも、写真は絶景ビューを差し置いて娘のものばかり(笑)
d0248528_8174845.jpg

この日は家族みんなテンション高めで、寝るまで箸が転んでも笑ってる、そんな感じでした(笑)
明日は何をしようかな•••
[PR]
by megane1001 | 2014-08-13 08:15 | travel | Trackback | Comments(0)

バカンスは山です!在住5年で、初めてイタリアで夏を過ごします⁈

d0248528_9444512.jpg

一週間だけなので、今回は思いっきり色んな物をスーツケースに詰めこんでみました(笑)

車で2時間の広大な自然公園。

今年の我が家のバカンス地です!
d0248528_9444747.jpg

到着後、ベッドの上でダラダラ過ごす両親を脇目に、娘はお気に入りのベビーBOOKに真剣。
d0248528_9444963.jpg

今回私がお願いした条件。
プール付きのホテル
海でも山でもいいけど、車で2時間以内の場所。でも、できることなら山がいいかな〜と(笑)

この二つのみ。

実は、8月のバカンスをイタリアで過ごすのは初めてです。

毎年、海外に繰り出し、妊娠してからは日本に帰省していたので。
d0248528_9445180.jpg

夕方に着いたので、今日はお散歩のみ。
d0248528_9445382.jpg

娘はひたすらテンション高く歩き回っていました。
私達は、その後ろをひたすらついていく。
d0248528_9445543.jpg

マイナスイオンいっぱいの森林浴。

電話は圏外。

Wi-Fiはついてるけど、システムの問題か、雲の状況が悪いからか⁈はいらないわ!でも、いつか入るといいわね〜と言われました。

さすがイタリア人、雲のせいとかにしちゃってます(笑)

しかし、真夜中目が覚めた今、使えなかったWi-Fiがはいった⁈

たまに起こるイタリアミラクル。

やっぱり、雲によるものなのかしら(笑)⁈
[PR]
by megane1001 | 2014-08-12 09:44 | travel | Trackback | Comments(6)

バカンス必須アイテムを忘れるところでした⁈

d0248528_2029946.jpg

子供の準備に必死過ぎました(笑)

夏のバカンスにこれらがなければ、どえらいことになります!

特にイタリアでは、サングラスはオサレアイテムではなく、生活必需品です。

紫外線は、日本のよりずっと強く、刺さるような感覚。

真っ昼間は、とても眩しいので、サングラスがないとまともに見えません。
d0248528_20291142.jpg

そんなだから、ベビーサングラスも充実していますよ。

しかし、まともにサングラスつけてくれていたのは、生後数ヶ月だけ(笑)

今は嫌がってすぐにとってしまいます。

もう少し大きくなれば、身につけてくれると思いますが•••

では、バカンスの場所は近郊なので今から出発!

イタリア夫も、テンション高めでバカンスモード。

行ってきます!
[PR]
by megane1001 | 2014-08-11 20:28 | travel | Trackback | Comments(2)

アレッツオのアンティーク市で、なぜかビンテージのウォールフックを購入⁈

週末は、とても有名なビッグ骨董市に行ってきました。

場所はArezzo(アレッツオ)。

フィレンツェから車で1時間弱。

中世の面影を色濃く残す小さな町です。
d0248528_611136.jpg

この小さな町の歴史地区全体に、アンティーク市が開催されます。

普段は、本当に静かで落ち着いた雰囲気のこの町も、月に一度のこのアンティーク市の時は、国内からはもちろん世界各地からくる観光客たちで賑わい明るく様変わりするのです。
d0248528_6111818.jpg

今回の私たちの目的は、リビングにおくコーヒーテーブル兼キッズテーブルとキッズチェア。

その他、何か掘り出し物がないかと•••
d0248528_6112043.jpg

しかし、コーヒーテーブルをキッズテーブルとして使用したいとなると、高さや形の制限が大きく、アンティーク市では、結局見つかりませんでした。

最終的に、私たち好みのビンテージショップを見つけて、優先順位はかなり下位のこちらを購入。
d0248528_6112229.jpg

d0248528_6112454.jpg

ウォールフック。

玄関にと思ったのですが、サイズが大きいので、少し玄関も模様替えしなければ、うまくいきそうにないです。

また課題が増えた•••

イームズのデザインウォールフックがほしいと思っていたので、コストが節約できて良かったけど(笑)

このショップには、もう刺さるデザインの椅子がたくさんあって、大興奮してしまいました。

ダイニングチェアを買うときは、必ず来よう!と誓いましたよ。

ちなみに、私は、8年ほど前にこのアレッツオの町に住んでいました!

思い出がたくさん詰まったこの町に娘を連れてこれたのはとても感慨深かったし、アレッツオに住む友人とも会えて良い気分転換にもなりました。

私たち家族にたくさんの刺激を与えてくれ、家具以上に収穫のあったショートトリップ。

旅はやはり、たくさんしなければ!
[PR]
by megane1001 | 2014-08-05 06:11 | travel | Trackback | Comments(2)

Short trip~Todi&Montecastello di Vibio~

イタリアで初めて日帰りバスツアーに参加。

d0248528_13639.jpg

Todi(トーディ)
d0248528_135855.jpg


d0248528_1351498.jpg

ウンブリア州の自然の美しさは、トスカーナとはまた違って圧巻です。

d0248528_1351989.jpg


d0248528_135329.jpg

Montecastello di Vibio(モンテカステッロ・ディ・ビビオ)

d0248528_1354995.jpg

世界一小さな劇場。

d0248528_1353423.jpg


d0248528_1353818.jpg


d0248528_1355858.jpg

ローマにも続くテヴェレ河
[PR]
by megane1001 | 2011-11-02 21:00 | travel | Trackback | Comments(0)

Short Trip~Molise 3~

『IL SANTUARIO DELL'ADDOLORATA(イル・サントゥアリオ・デッラッドロラータ)』
d0248528_1121243.jpg


巡礼路
d0248528_115029.jpg


d0248528_1121769.jpg


d0248528_1122434.jpg


d0248528_1122756.jpg


d0248528_1123376.jpg


d0248528_1124148.jpg


d0248528_1124531.jpg


『L'abbazia di San Vincenzo al Volturno(サン・ヴィンチェンツォ・アル・ヴォルトゥルノ修道院)』

d0248528_1125591.jpg


d0248528_112564.jpg

[PR]
by megane1001 | 2011-10-31 21:00 | travel | Trackback | Comments(0)


イタリアライフのキロク


by megane1001

プロフィールを見る
画像一覧

検索

タグ

(234)
(196)
(143)
(75)
(43)
(38)
(37)
(31)
(27)
(24)
(21)
(20)
(18)
(17)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(12)

最新の記事

【お知らせ】10%OFFクー..
at 2017-08-15 00:58
日本で7年ぶりに社会復帰しま..
at 2017-08-03 19:34
『più tuo(ピュ・トゥ..
at 2017-07-31 15:00
【ご報告】北欧系ライフスタイ..
at 2017-07-01 01:13
アート展示会に行ってきました。
at 2017-01-23 21:54

ファン

記事ランキング

画像一覧